『ナタ転生』大阪公開記念!封神演義徹底解説トークイベント イベントレポート

4月3日(金)に開催された『ナタ転生』大阪公開記念!封神演義徹底解説トークイベントの当日の様子をライター・催果さん(記事協力:キネプレ)にご執筆頂きましたので、ぜひご覧ください。


大阪で『ナタ転生』公開記念の『封神演義』解説トークイベントが開催

中国の3DCGアニメ映画『ナタ転生』が大阪で公開されたことを記念し、大阪・天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」でトークイベントが開催された。本作のベースとなった中国の古典小説『封神演義』の解説を中心に、最近注目を集めている中国アニメについても語るという。

登壇者は、中国神話を研究されている関西大学・二階堂善弘教授と、映画サイト「ビーパワーハードボイルド」運営者のデッドプー太郎さん、そしてウェブマガジン「キネプレ」編集長で「ワイルドバンチ」店長の森田和幸さん。司会は、本作の配給を行うチームジョイの粉川なつみさん。本作の公開を待っていた人は少なくなく、本イベントも事前予約で満席。オープン前から参加者の列ができ、開場と同時に店内は賑わいに包まれた。ナタや作品の世界を、中国アニメをもっと知りたい。そんな熱気あふれる中、イベントは幕を開けた。

『封神演義』は、中国では教科書に載るほど有名な古典文学だという。しかし、日本での認知度は高くない。二階堂教授によると、それは小説の出来がよくなかったからだという。「中国では二次創作にあたる演劇で売れたんですが、その演劇が日本に入ってこないものですから、面白さがわからなかったんです」。そうして日本では広まらなかったものの、中華圏や東南アジアでは支持を得て、今なお毎年のように映画やドラマがつくられるほどに。また、作者は許仲琳とされているが、「実際はわからない」と二階堂教授。「中国の小説って集団著作なんです。昔は著作権がないですから、面白いと思ったらどんどん二次創作が増えていく。何百年かけて、何百人もの作者が書き換えながらストーリーをずっと練ってきたようなものです」。二階堂教授の穏やかで親しみやすい説明に、参加者は時に驚き、時に大きく頷きながら聞き入った。

続いて、解説はナタの人物像へ。彼は、火と風をまとう二つの輪・風火輪に乗って空を飛び回るのだが、その姿から「元祖二輪」と呼ばれているそう。『ナタ転生』の主人公がバイク好きとして描かれるのも、このイメージからだと二階堂教授。これには、「映画がバイクレースから始まるのでビックリした」と笑うデッドプー太郎さんも、なるほどと唸った。ほかにも、映画には『封神演義』に由来するシーンが散りばめられている。例を挙げると、ナタは一度死んでしまうも、蓮華の花と実を使って復活するエピソードがあり、それを活かした場面が登場する。森田さんは「神話をうまく切り取って新しい話にしつつも、『封神演義』への気配りを忘れていないですよね。あぁ分かっているなって、マニア心をくすぐります」と振り返った。

そして、中国アニメについて話が及び、『ナタ転生』の感想を求められると「やはり人の動きとか、3D技術がすごい」と二階堂教授。デッドプー太郎さんも「今のCGはいかに可愛らしくつくるかというところがあると思う。でも『ナタ転生』は、『鉄拳』や『ストリートファイター』のようなカッコいい方向でCGを使っているのが独自」と嬉しそうに語った。加えて、日本の作品の影響も強く感じたそうで、「パクリじゃなく、うまくアレンジをかけて作られているのが面白い」と微笑む。また、「ワイルドバンチ」副店長で海外アニメに詳しいジェイさんも飛び入り参加し、「アニメーション映画って、子供たちがその先成長していく中で、新しい知識のきっかけになる。この『ナタ転生』も、本当のところはどうなんだろうって気になった方がいらっしゃると思う。きっかけとして、すごくいい映画だった」と目を輝かせた。

配給が同じチームジョイということで、『羅小黒戦記』の話題も。当初は、日本に住む中国人向けの上映とされ、日本人の観客は少ないと思われていた本作。しかし実際は多くの人が足を運び、熱を上げて観たのも日本人だった。最近では、中国アニメに興味を持つ人も多いそう。タイトルの字面から「暴力映画かと思った(笑)」というデッドプー太郎さんも、「蓋を開けてみたら、すごく心洗われる作品でした」と振り返る。「僕の世代は昔、テレビで偶然映画が流れているのを『なんやこれ』って観てみて、そこから好きになったり、いろんな扉を開くきっかけになったりした。でも、今の時代って自分で選んだ作品しか観ないじゃないですか。そんな中で、あれはいい意味での素晴らしい事故だった」と語った。

イベント終盤には、『ナタ転生』の続編が予告されていることを受けて、参加者から「中国では続編ありきの作品づくりが多いのか?」という質問が。二階堂教授曰く、基本的には一作完結が多いそうだが、「今回はもう、続編を作るぞっていう意気込みでは」と登壇者全員が口を揃える。ただ、そうして続編への思いがあったとしても、ヒットしなければ夢に終わってしまう。『ナタ転生』も、監督曰く、今の中国での興行収入75億円をもってしても同じクオリティを保つことは難しいそう。「楽しい中国アニメーションがもっと日本に届くよう、みんなで応援しましょう!」と森田さん。その言葉に参加者は力強く頷き、温かい拍手に包まれる中、イベントは幕を閉じた。

映画『ナタ転生』は、現在各劇場で絶賛公開中。

執筆:催果
記事協力:キネプレ